3/17(日)の礼拝は

◉聖書:コロサイ人への手紙3章5〜13節
 説教「新しい人に生きる」大瀧 恵理也 牧師
 春の変化は、気持ちが先立ったり、緊張したりする時期。一歩一歩を大切にしたいものです。神様は、新しく生きる指針と、その力を与えてくださるお方です。礼拝は初めてという方もぜひお越しください。

3/10(日)の礼拝は

◉聖書:コロサイ人への手紙3章1〜4節
 説教「天を思う生涯」大瀧 恵理也 牧師
壁にぶつかる、八方塞がりに感じる、どん底に落ち込む…誰にでもそのような時は訪れます。反対に、うまくいっているように思っていても、実は大きな落とし穴に向かっている、ということもあるかもしれません。しかし、主はあなたに永遠に変わることない新しい命と力を与え、確かなゴールへと導いてくださるお方です。そのお方の教えを聖書から聞きませんか。礼拝は初めて、という方もぜひ礼拝にお越しください。あなたのお越しをお待ちしています。

3/3(日)の礼拝は

◉聖書:ルカの福音書9章20〜25節
 説教「イエスの招く声」大瀧 恵理也 牧師
変化の春。日々の営みで、様々な出来事が押し寄せてくるように感じられること、身動きがとれないように思うこともあるかもしれません。しかし、聖書を通して語られる、主イエス・キリストの永遠に変わらないお言葉を聞くときに、平安が与えられます。その真実なおことばを共にお聴きしませんか。

2/24(日)の礼拝は

蝋梅
◉聖書:コロサイ人への手紙2章8〜15節
 説教「充分なお方」大瀧 恵理也 牧師
受験、卒業、就職、年度変わり。変化を前に、期待とともに不安も覚える3月。多くのことに心を向け、散漫になることもあるかもしれません。しかし、そのような時こそ、キリストの愛に目が開かれると、このお方によって一歩一歩の歩みが守られ、確かなものとされます。ぜひ礼拝で神のみことばをお聞きください。あなたをお待ちしています。

2/17(日)の礼拝は

Okinawa
◉聖書:コロサイ人への手紙2章6〜7節
 説教「確かな歩み」大瀧 恵理也 牧師

強風が吹きつけても、倒れず飛ばされない植物は、地面にしっかり根を張っているものです。反対に「大丈夫」と思っても、根がなければ時間の問題。どんなに嵐が激しくとも、確たるところに根が深く張られていれば、強風を乗り越えられるのです。では「確たるところ」とは?ごいっしょに聖書に聴きませんか。

2/10(日)の礼拝は

◉聖書:ローマ人への手紙12章3〜8節
 説教「一つのからだ」大瀧 恵理也 牧師
過大評価、過小評価、「自分」のことで振り子のように行ったり来たりすることはないでしょうか。聖書は、神様の恵み(一方的なご愛)を知るとき、人は新しい生き方に導かれると約束します。それはどのような生き方なのか、ご一緒に神のことばに聴きませんか。

2/3(日)の礼拝は

Tamagawa-walterworks
◉聖書:ローマ人への手紙12章1〜2節
     説教「神に喜ばれる人生」大瀧 恵理也 牧師
  書店で「良い習慣を身につける」ことを励ます本を良く見かけます。それだけ、私たちには「変わりたい」という願いと必要があるからではないでしょうか。キリストは、私たちの生き方を良い方向に変えてくださるお方です。聖書が伝えるこの素晴らしいメッセージをご一緒にお聴きしませんか。

日本同盟基督教団