11/18(日)の礼拝は

◉聖書:ルカの福音書1章1〜4節
 説教「確かなことば」大瀧 恵理也 牧師
 「改ざん」「検査不正」「フェイクニュース」…などの表現が飛び交い、事実を伝える「ことば」を見つけにくい昨今です。しかし、私たちが心から求めているのは、信頼できる「確かなことば」ではないでしょうか。聖書は、人生の土台とできる「確かなことば」です。ルカの福音書からご一緒に聴いてみませんか。

11/11(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書4章1〜11節
 説教:「惜しまれる神」大瀧 恵理也 牧師
 携帯画面のヒビ。車の傷。落とした財布。無くした傘。子どもとの時間。成功のチャンス。自分のために使う時間。私たちはどんなことを惜しんでいるでしょう。一方、神さまも惜しまれるものがあります。その違いはなんでしょうか。
聖書から神さまの愛の語りかけを共にいただきませんか?

11/4(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書3:1〜4:4
 説教「憎しみが赦しに」大瀧 恵理也 牧師
 頭で分かっても心や生き方が伴わないことが
 私たちの歩みにはあるのではないでしょうか。
 もし「伴う」とすればそれが「成長」ですが、
 中々一足飛びにいきません。しかし、神さまは
 成長をもたらそうと私たちの一歩一歩に関わ
 り伴ってくださるお方です。このお方の
 語りかけを聴いてみませんか。

10/28(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書1:17〜2:10
 説教「驚くべき恵み」大瀧 恵理也 牧師
18世紀、奴隷売買で莫大な富を得ていたジョン・ニュートンは、ある日激しい嵐で遭遇・沈没に直面しますが、奇跡的に助かり、あの有名な讃美歌「 アメージング・グレイス」(驚くばかりの恵み)の歌詞を残しました。私たちを変える、神さまの「恵み」について、ともに聖書に聴きませんか。

10/21(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書1章5〜16節
 説教「真実な愛の形」大瀧 恵理也 牧師
 私たちは充実を求め、スケジュールを埋ようとします。
 しかし、どんなに埋め尽くしても、満たされない思いや虚しさが押し寄せてくるのではないでしょうか。神さまは、そんな私たちの心の渇きをご存知で、ご自身の深いご愛によって新しい生き方へと導いてくださるお方です。どなたもぜひ礼拝へお越しください。

10/14(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書1章1〜4節
 説教「主の御顔を避けて」大瀧 恵理也 牧師
  「今、知っていることがすべて」となるとき、私たちのうちに偏見や独善が始まります。 しかし、神さまは、私たちの心の目を開くよう働きかけて、広い景色を見せようとなさるお方です。ご一緒にこのお方の語りかけを聴いてみませんか。
礼拝へどうぞおこしください。あなたをお待ちしています。

10/7(日)の礼拝は

◉聖書:詩篇147篇
 説教「ハレルヤとは」大瀧 恵理也 牧師
Jポップの曲名・歌詞などで聞くこともある「ハレルヤ」は、讃美に用いられることばであり、実は、私たちの生き方に大切な意味があるのです。ご一緒に、聖書に聴きませんか。

 

9/30(日)の礼拝は

◉聖書:詩篇67篇
 説教「祝福の目的」大瀧 恵理也 牧師
金木犀の香る頃となりました。
夏の疲れの出やすい時期ですが、
神さまはあなたに安息を与えてくださる方です。
ひととき、神さまの語りかけに耳を傾け、生き方の方向性を考えてみませんか。キリスト教信仰はわからない、という方も、礼拝にぜひお集いください。

日本同盟基督教団