「主日礼拝」カテゴリーアーカイブ

10/6(日)の礼拝は

◉聖書:ヘブル人への手紙 11章1〜6節
 説教「真の信仰とは」 大瀧 恵理也 牧師

 「鰯の頭も信心から」ということわざがあります。対象がつまらないものでも、信じる心にはありがたく思われるという意味です。しかし、本当でしょうか。信じても何も変わらない、袋小道に迷うなら信じる対象が間違っているのではないでしょうか。聖書は、神さまが私たち一人一人を愛し、目的をもって、日々成長させてくださるプロセスを語ります。聖書の言葉に耳を傾けてみませんか?礼拝はどなたにも開かれています。ぜひお出かけ下さい。   

9/29(日)の礼拝は

玉川上水

◉聖書:ヨハネの福音書13:1〜20
 説教「足を洗うお方」 大瀧 恵理也 牧師

愛とは何か。壮大なテーマです。しかし、レオナルド・ダ・ビンチの絵画でも知られる「最後の晩餐」のシーンで、イエスさまが実際になされたことに、そのヒントがあります。礼拝は初めてという方もぜひお出かけ下さい。心より歓迎いたします。

9/1(日)の礼拝は

◉聖書:イザヤ6:1〜8
 説教「神様の聖さ」 大瀧 恵理也 牧師

神さまはどのようなお方なのでしょうか。また私たち一人一人にどのような御旨をもっておられるのでしょうか。イザヤという人物に与えられた神さまとの出会いの場面から、神さまの語りかけを聴きます。どなたもぜひ礼拝にお越しください。心から歓迎いたします。

8/25(日)の礼拝は

沖縄 糸満
◉聖書:詩篇103篇
 説教「福音を祈る」 大瀧 恵理也 牧師

「祈り」と聞けば「願い事」を思い浮かべる方も多いことでしょう。しかし、願い事に囚われて、すでに与えられている恵みを忘れ、泥沼に足を取られていても気づかないこともあるものです。祈りには「思い出す」「感謝する」世界もあることを神様は教えてくだっています。それが、あなたに人生の喜びと揺るぎない希望を与える神様の祝福だからです。その一つ一つのプロセスについて共に聖書から聞きませんか。

8/18(日)の礼拝は

◉聖書:詩篇42篇
説教「神が遠く感じる時」 大瀧 恵理也 牧師

 仕事や人間関係、勉学や健康など、願っていたとおりにならず、スランプに陥ることは誰でもあります。そんな時「もし神がいるなら」と、思うこともあるのではないでしょうか。しかし神さまはあなたに良いご計画をおもちです。今が順境の方も、逆境の方も、真実な神さまの語りかけを共にお聞きしましょう。

7/21(日)の礼拝は

夏の歓迎礼拝のご案内

一年も折り返し地点を迎えました

このまま走り続けることもできるでしょう

でも… ちょっと立ち止まって

礼拝で心を静めてみませんか?

聖書に描かれる人々とイエスさまとの出会いは

今を生きる私たちに

新たな望みと視野をあたえてくれます

教会は初めての方も

どなたでも ぜひ おこしください

*お子さま連れも大歓迎です*

7/14(日)の礼拝は

玉川上水
◉聖書:イザヤ40章9〜20節
 説教「力強い御腕で」 大瀧 恵理也 牧師

課題や問題に直面するとき、恐れや不安に駆られることもあります。しかし、神様がどのようなお方かに目が開かれると、異なる広い景色が見えて、前に向かう望みが与えられます。なぜなら、神様はあなたに新たな力を与えてくださるお方だからです。そのお方の語りかけを、聖書からともにお聞きしませんか。

6/23(日)の礼拝は


◉聖書:ローマ5章17〜18節
 説教「いのちの支配」 大瀧 恵理也 牧師

 スポーツなどの試合には「自分」との戦いがつきものです。だからこそ勝利を得たときの喜びは大きいのでしょう。聖書によれば、イエスさまは、私たちが日々直面する自分との戦いに勝利を与えてくださるお方です。その約束をご一緒に聴きませんか。

6/6(日)の礼拝は

◉聖書:ヨハネの福音書1章43〜51節
 説教「来て、見よ」大瀧 恵理也 牧師

1年も折り返し地点を迎えます。走り続けることもできるでしょう。でも、立ち止まり、礼拝で心を静めてみませんか。聖書に描かれる人々とイエスの出会いの記録は、不思議にも、私たちに新たな望みと視野を与えてくれます。信仰の有無にかかわらず、どなたもぜひお越しください。