12/1(日)の礼拝は

◉聖書:イザヤ書9章1〜7節
 説教「闇に輝く光」 大瀧 恵理也 牧師

心痛めるニュースが後を経ちません。一見満たされているようで、私たちの心の中には闇があるのです。しかし、イエスさまは「光」としてこの世に来て下さったと聖書は告げます。私たちの抱える真の問題に解決を与えて下さるお方という意味です。クリスマスの時期が近づきました。クリスマスの主役、イエスさまのことばに耳を傾けてみませんか。

11/24(日)の礼拝は

◉聖書:マタイの福音書5:1〜10
 説教「生きる姿勢」 大瀧 恵理也 牧師

私たちの何気ない言動は、普段の心の姿勢から生まれます。そして健康に不可欠な正しい姿勢も心とつながっているでしょう。イエスさまは私たちの心身の姿勢を整えてくださるお方です。イエスさまの有名な山上の説教から、その語りかけをいただき、健やかさをいただきましょう。ぜひ、どなたもお出かけ下さい。

11/17(日)の礼拝は

◉聖書:使徒の働き20:25〜32
 説教「目を覚まして」 大瀧 恵理也 牧師

「一寸先は闇」というように明日のことは分かりません。しかし、全知全能の神さまは、造られた世界と全ての存在をご覧になられ、その御手に治めておられます。そして、寄りすがる者に救いと守りと導きを与えてくださるお方だであると、聖書は伝えます。私たちが見えるものは限られていますが、すべてをご存知の見えない神さまに心を向けて、その語りかけをお聞きしませんか。どなたでもどうぞ。あなたのお越しをおまちしています。

11/10(日)の礼拝は

◉聖書:マタイの福音書8:5〜13
 説教「信じたとおりに」 大瀧 恵理也 牧師

試練や緊急事態に遭遇するとき、私たちの人生は揺るがされます。しかし、イエスさまは私たちに生きる上での確かな土台を与え、希望ある歩みに導いて下さるお方です。確かな土台とは何でしょう。イエスさまが驚き称賛された、一人の人物の姿勢から学びます。どなたも礼拝へぜひお越しください!

11/3(日)の礼拝は

◉聖書:Ⅰサムエル18:1〜4、19:4〜7、20:40〜42
 説教「主にある友情」 大瀧 恵理也 牧師

 約束を守る「友情」をテーマにした「走れメロス」は太宰治の代表作です。退廃的な人生を歩んだ彼にとっても「友情」は信じたいものだったのでしょう。私たちは「友」と呼べる存在がいるでしょうか。「真の友情」とはどのようなものか聖書に聴きます。ぜひどなたも礼拝へどうぞ。