4/14(日)の礼拝は

◉聖書:ヨハネ19章16〜30節
 説教「十字架の恵み」大瀧 恵理也 牧師

「イースター・エッグ」の飾りを目にするようになりました。そもそも「イースター」とは、イエス・キリストが死からよみがえられた事を喜び、お祝いする日です。今年は4月21日ですが、その前の1週間を、キリストの十字架を想う「受難週(passion week)」と言い、今年は4月14日からです。

 

 しかし、どうしてこのように全世界的で祝うのでしょうか。それは、イエス・キリストが、あなたの魂の「渇き」を癒し、いのちの泉を溢れさせてくださるお方だからです。そのために何をしてくださったのか、どうすれば真の喜びに満たされるのか、ご一緒にそのおことばに聴いてみませんか。