12/2(日)の礼拝は

◉聖書:ルカの福音書1章26〜38節
 説教「信じる幸い」大瀧 恵理也 牧師
 ツリーやリースを町で見かけるようになりました。ラテン語で「到来」を意味する「アドベント」と呼ばれるこの時期。日本は一番慌ただしい時ですが、私たちが忘れてはいけないこと、大切にしなければならないことは何でしょうか。しばし手を止め、心を静め、神様の語りかけに耳を傾けませんか?

11/25(日)の礼拝は

◉聖書:ルカの福音書1章5〜25節
 説教「祈りの中で」大瀧 恵理也 牧師
 収穫感謝の時節。1年を振り返り、神さまの恵みを感謝するとともに、新しい年を意識し始める時期でもあるでしょう。静まることで神さまの御手の業に初めて気づき、自分の計画を超えて神さまの豊かなご計画に思いが開かれる…礼拝のひとときに、ぜひあなたもどうぞ!

11/18(日)の礼拝は

◉聖書:ルカの福音書1章1〜4節
 説教「確かなことば」大瀧 恵理也 牧師
 「改ざん」「検査不正」「フェイクニュース」…などの表現が飛び交い、事実を伝える「ことば」を見つけにくい昨今です。しかし、私たちが心から求めているのは、信頼できる「確かなことば」ではないでしょうか。聖書は、人生の土台とできる「確かなことば」です。ルカの福音書からご一緒に聴いてみませんか。

11/11(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書4章1〜11節
 説教:「惜しまれる神」大瀧 恵理也 牧師
 携帯画面のヒビ。車の傷。落とした財布。無くした傘。子どもとの時間。成功のチャンス。自分のために使う時間。私たちはどんなことを惜しんでいるでしょう。一方、神さまも惜しまれるものがあります。その違いはなんでしょうか。
聖書から神さまの愛の語りかけを共にいただきませんか?

11/4(日)の礼拝は

◉聖書:ヨナ書3:1〜4:4
 説教「憎しみが赦しに」大瀧 恵理也 牧師
 頭で分かっても心や生き方が伴わないことが
 私たちの歩みにはあるのではないでしょうか。
 もし「伴う」とすればそれが「成長」ですが、
 中々一足飛びにいきません。しかし、神さまは
 成長をもたらそうと私たちの一歩一歩に関わ
 り伴ってくださるお方です。このお方の
 語りかけを聴いてみませんか。