2/26の礼拝は

2/18 蠟梅 Koganei Park

◉聖書 マルコの福音書8章22−30節

 説教 「主の段階的ないやし」

私たちは問題が速やかに解決することを望みます。問題点をあぶり出し、課題を評価し、一番良い方法を検討する。これは私たちの営みの一部です。しかし、期待している効果が現れない、或いは、解決しているように見えても大切なことを見逃している、ということもよくあることです。私たちが問題、課題に直面した時、まず、見るべきものはなんでしょうか。主イエス様の語りかけに、耳を傾けませんか。

2/19の礼拝は

沖縄 オカメインコ

 ◉聖書 マルコの福音書8章11−21節より

説教 「人を見えなくさせるもの」 大瀧 恵理也牧師

日々の生活の中で、思い返すと「見えていなかったな」と顧みることはないでしょうか。私たちの心の目を見えなくさせるものは、何であり、どのような時なのでしょうか? 聖書には反面教師となるエピソードが記されています。ともに、主イエス・キリストさまの語りかけに耳を傾けませんか。

2/12の礼拝は

2/2 Tamagawa-waterworks

◉ 聖書 マルコの福音書8章1−9節

説教  「慈しみに満ちた主」 大瀧 恵理也 牧師

寝食を忘れて・・・とは、何かにとことん夢中になることです。マルコの福音書には寝食を忘れるほど、イエス様の教えに夢中になった群衆の様子が記されています。このイエス・キリスト様とはどのようなお方なのでしょうか?そして、このお方についていく人々に、どのような恵みを注がれるのでしょうか。

共に主の語りかけに耳を傾けませんか?

 

 

2/5の礼拝は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2/2 Tamagawa-Waterworks

◉聖書 マルコの福音書7章31ー37節

説教 「すばらしい主の御業」

生き物は、見えるものが異なります。

カエルはじっとしたものは見えず、動いているものだけが見えます。ダチョウは10キロ先のものまで見え、42.5メートル先のアリが動いているのもはっきり見えるそうです。

しかし、種を超えなくても、人間には、神さまの真理が見え、聞こえている人と、見えないまま、聞こえないままの状態の人がいることを聖書は伝えています。そして、イエス・キリスト様は、すべての人が見えるように、聞こえるようになり、神様の祝福の中を歩むための、大切なプロセスを教えてくださいました。

このお方の語りかけに共に耳を傾けませんか?